HOME > 道の尾温泉

道の尾温泉

明治元年創業の道ノ尾温泉。
今も昔も変わらぬ、お肌にやさしい泉質で皆様にご愛顧いただいております。休憩所も広々、ゆっくりとおくつろぎいただけます。

戦前は長崎の造り酒屋が酒造りに使用し、戦後ラジウムサイダーの工場があったことからも水質の良さが知られている。戦前の水質分析ではラジウムが含有されているとされ、道の尾温泉は長らく「道ノ尾ラジウム温泉」として親しまれていました。


道の尾温泉の歴史

その昔から道ノ尾温泉のある地には「湯川」という地名があり、あちらこちらに小川が流れ、蛍や蝶が舞う水と緑豊かな水郷でした。

明治初年、この地に住む青年古田吉平氏は冬の朝、川から湯気が立ち上ることに気づき自らの田畑を売り払って温泉掘削に着手し、竹と矢じりを用いて泉源と見られる岩盤に挑み、苦労の末ついに摂氏27度の温泉を発見、これを「道之尾温泉」と名付けたのが始まりとされています。
当時は電気もガスも普及していない時代、古田氏はくみ上げた温泉を土管を通じて浴槽に導き、石炭炊きの蒸気ボイラーで加温し、当時の長崎では唯一となる温泉浴場を開きました。

しなやかで透き通ったそのお湯は切り傷・やけど・あせもが跡を残さず治り、かたまった手や足腰が動くようになったなど上々の評判となりました。

古田氏は道の尾温泉をはじめ、料亭「万象園」、道の尾公園を次々と作り上げ、これらを一大レジャー施設として経営しました。
当時の建物は洋風な造りで赤じゅうたんが敷かれ、熱帯植物などが植えられており、長崎港に入港したロシア、フランスなどの水兵たちの姿も見られたそうで、現在の温泉館内に掲示してある版画から当時の様子をうかがい知ることができます。

戦前には長崎の造り酒屋が酒造りにこの温泉水を使用し、戦後にもラジウムサイダーの工場があったことからも水質の良さに定評があり、戦前の水質分析では微量のラジウムが含有されていることから道の尾温泉は長らく「道の尾ラジウム温泉」として親しまれていました。

発見からおよそ150年が経過した現代の分析においても炭酸水素イオンなどの各種ミネラルをバランスよく含み、適度な弱アルカリ性で、肌によくなじみ、湯上りの爽快感もまた格別な泉質を保持しています。

源泉は長崎県公認の飲用許可を得ており、そのままでも美味しいミネラルウォーターとして飲むことができるのが他の温泉とは一線を画くした大きな特徴となっています。

▲昔の道の尾温泉とその周辺(大正時代末期)

▲温泉館内に掲示してある版画

▲飲用水としても人気の道の尾温泉のお水